Case study

アルミサッシ加工会社様実績

弊社では多くのアルミサッシ加工会社様から加工のご相談をいただきます。
穴あけやカット・ホゾ加工など、加工技術に関してはもちろんですが、生産性や省力化、コストダウンや効率化など、現代のニーズに対するご相談も多くいただきます。
本ページではそれら実績の中からよくある事例について取り上げご紹介したいと思います。

手作業を機械化し生産効率を上げたい

NC加工機を導入したいが、工場のスペースが狭く設置できるかわからない

CASE1

アルミサッシ加工会社様

お悩み

ボール盤で一つ一つ穴あけ加工しているため生産効率が悪い

作業員がボール盤で穴あけ加工をしており、マンパワーに頼らざるを得ない状況でした。
人が作業するので生産性も低く、精度のばらつきもありそれが会社としての品質に影響していました。
腕のいい職人さんが会社を辞めてしまったら、その技術を継承しなければならないという不安も常に持たれていました。

ご提案

マシニング加工と切断加工を1台で行う機械を提案

そこでノコ付き長尺加工機FB6000-12ATC-Cを提案しました。
本機にはドリル・ミーリング用の主軸と、切断用の旋回ノコ軸の2軸を搭載しておりマシニング加工と切断加工を1台の機械で行う事ができます。
旋回ノコ軸は材料端部の複雑なカット(ホゾ加工)や、あらゆる角度での切断が可能となっています。

効果

けがきなしで品質の均一化がはかれました

手作業に比べ加工時間が半分になったことや一度セットすればあとは自動で加工が完了すること、人件費の削減につながったことなどが利益となって会社に還元され、機械導入の効果は抜群で、中でも一番大きいメリットと感じているのは、けがき作業なしで品質の均一化がはかれたことです。
今までは人に依存していたため、精度がどうしても安定しませんでしたし、けがき作業は思っているより時間を要する作業だったのですが、フジ産業さんの長尺加工機であればそれらの不安は解消されました。

今回のご提案機種はこちら

■ FB6000-12ATC-C

・通常のATCヘッドと±180°旋回のノコヘッドを搭載

・穴あけ、ミーリングから角度切断まで一台で加工

・フルカバーなので切粉の飛散を防止

・ストロークやその他仕様はお客様のご要望をお伺い致します

・対話メニュー標準搭載で操作簡単

機械導入によるの作業時間比較

CASE2

アルミ建材加工会社様

お悩み

自社工場が狭く機械を置くスペースが十分に取れない

元々、工場面積が狭い中で、且つ、職人さんがボール盤や手作業でサルミサッシを加工していたので、大型の機械も必要なく狭いながらも仕事は十分行える環境でした。
しかし、メーカーからの推奨もあり、NC長尺加工機の導入が必要となったのですが、工場が狭いため設置スペースが確保できませんでした。

ご提案

標準仕様ではなく、スペースに収まるように加工機をカスタマイズしてご提案

現地の状況を詳細に確認・採寸させていただき、通常仕様の加工機をベースに尺の長さをお客様仕様にカスタマイズしました。機械全体の体格も比較的スマートな作りなので、余計な設置スペースを必要としません。
また不要な工具は省き、必要最小限のスペックでご提案しました。

効果

難しいと思われた小スペースにも設置でき生産性が向上

小スペースが故に導入が難しいが難しいと思われたNC長尺加工機が導入できたことで、生産性、精度、スピード、安全性、騒音、オペレーター問題など全てが改善されました。